症状と治療について

Room in hospital

突発性難聴は突然おこる難聴で、突発性難聴の治療には、炎症を抑えるステロイド剤、プロスタサイクリンなどの血管拡張剤、血液の粘稠度を減らす抗凝固剤、代謝を促進するATP製剤や高気圧酸素療法が用いられます。

Read More

鼻の悩みは保険適用内

Room in hospital

アレルギー性鼻炎とは、誰でも症状を抱えてしまう可能性のあるものです。アレルギー性鼻炎を治療するためには、耳鼻咽喉科に行くことが一般的となっており、通常は抗ヒスタミン薬が処方され、健康保険が適用されます。

Read More

鼻炎の改善治療

耳鼻科を受診しましょう

アレルギーが原因で起こる鼻炎の場合には、治療は少し難しいことがあります。なぜなら、アレルギーの抗原となる物質を特定し、生活環境から除去する作業が必要になるからです。最近では、このようなアレルギー性鼻炎の治療で、レーザーを使用した方法が取り入れられています。レーザーの場合には、アレルギーを起こしている鼻の粘膜自体に働きかけるため治療がしやすく、それまでのような抗原への過敏な反応を起こさずに済むようになるのです。こういった治療は、現在耳鼻咽喉科などで行なわれています。習慣的な鼻水や鼻づまりなどに悩む方の場合には、このような治療法を試してみるのも一つの方法となるのです。

レーザーを使用したアレルギー性鼻炎の治療は、通常1回ずつ行ないます。治療費は、3割負担で1回につき約1万円弱です。1回の治療で効果が見られない場合には、数週間から数ヶ月後に再び治療することもあります。このようなレーザー治療をすることで、多くの場合服用しているアレルギー薬の量を減らすことが出来るため、その分の医療費を抑えることが出来ます。レーザーでのアレルギー性鼻炎の治療は、一般的には約2年程度効果が持続すると言われており、効果が持続している期間は治療の負担を軽減することが出来る訳です。このようなレーザー治療は、場合によっては日帰り手術に該当するため、加入中の医療保険の保障の対象となることもあります。

悪化させない対策

Room in hospital

現段階では確実な治療法が無いのが花粉症の現状です。そのため、なるべく花粉を吸い込まないようにする花粉症対策が重要です。外出時にはメガネやマスクを着用し、家に入る前には衣服に付いた花粉をよく落とすなどにこころがけましょう。

Read More